将来の為にも介護についての理解を深めておこう

増える介護事情比例する介護グッズの売上

多くの人が利用

元気な人から寝たきりの人まで

老人ホームと一言で言っても様々な種類があります。 特別養護老人ホームや老人保健私鉄のように要介護状態でないと対応ができないところや有料老人ホームのようにその施設によっては要介護状態ではない人を対応するところもあります。 一般的な有料老人ホームでは要支援や自立の人も対応することができます。 そのようなホームでは要介護状態になった高齢者も対応しているため状況によっては元気なお年寄りが不利益を生じることも少なくありません。 終の棲家と思ってよくよく吟味して入居してみたけれど、周りを見たら車椅子で認知症のお年寄りばかりだった。 常にナースコールの音やおむつ交換の匂いに悩まされる。と言う声も少なくありません。 事前によく確認することが必要です。

どうやったら適切な有料老人ホームを見つけることができるのか

まずは事前にしっかりと見学をしてみることです。 ホームの外観やお部屋の中だけではなく、そこで過ごしているお年寄りの状況をよく見てみましょう。 車いすの人はどれくらいいるか、目的もなく歩き回るような人はいないか、匂いはどうかなど確認してみましょう。 重要なのは自分が過ごしてみるということを想像することです。 お部屋の横で大声で叫ぶお年寄りがいたら自分の親を入れたいと思いませんよね。 有料老人ホームはパブリックスペースがあります。 しかしそこに常にたくさんのお年寄りが集まっている状況、普通に見れば微笑ましい光景とも思いますが、実は落とし穴があります。 職員が見守りをするためにその場所に集められているという可能性もあるからです。 はいかいや転倒の危険性があるお年寄りを1カ所に集めることで危険を回避することもよく見られます。 逆に少し位閑散といる方が長い目で見て落ち着いた生活を送れるのかもしれません。 有料老人ホームを探すときの参考にしてみてください。

Copyright © 2015 将来の為にも介護についての理解を深めておこう All Rights Reserved.